オリジナルUSBを作成する方法

Drei treue Begleiter II最近、UbuntuでiPhone対応の環境を構築してみたので、今回は、Ubuntuの初期設定例を紹介してみます。
photo credit: Freimut



今回は、 MacBookAir 以外のパソコンを使って環境を構築してみたので、最初にやったことのメモを残しておきたいと思います。使用したOSは、`Ubuntu`です。最近、 VirtualBox が`Mountain Lion`に対応したらバーチャル環境に`Mac`を入れて、`Linux`をメインに使って行きたいなぁと考えています。


まず、Ubuntuのインストールですが、 日経Linux に付属しているCDを使って`Ubuntu`をインストールすると楽でした。

nikkei_linux


なお、今回は、USBに`Ubuntu`をインストールしてみました。パソコンを2台も3台も持っている人はほとんどいないと思いますので、このようにUSBを使ったOS環境の構築はとても有効だと思います。なお、作成したUSBは家や学校のパソコンに差し込んで使えます。

usb


よりオリジナルなUSBを作りたければ、 Twitterアイコンをシールにしてくれるサービス なんかを利用してもいいかもと思っています。


ルートのパスワード設定


rootのPassword設定は最初にやっておくべき設定だと思います。rootのPasswordを設定するには、以下の様なコマンドを使用します。

sudo passwd




ホームフォルダの英語化


ホームフォルダは日本語では扱いづらいので、 英語化 してみます。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update



リモート接続


スマートフォンやメインパソコンを使ってリモート接続できるようにすると、便利なこともあるかもしれません。

サーバー側の設定



sudo apt-get update && sudo apt-get -y install openssh-server

ifconfig

sudo vi /etc/network/interfaces


IP Addressの固定



# The primary network interface
auto eth0
# iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
address 192.168.0.7
network 192.168.0.1
netmask 255.255.255.0
broadcat 192.168.1.255
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1


sudo /etc/init.d/networking restart


クライアント側の設定



ssh 192.168.0.7


ローカルで使用する場合は、通常、このままでもいいのですが、インターネットを介して接続する場合は、グローバルIPアドレスとセキュリティの設定が必要になってきます。


WAN経由のリモート接続



まずは、公開鍵をサーバーにコピーし、それを使ってログインします。


ssh-keygen

ssh-copy-id 192.168.0.7

ssh 192.168.0.7



次に、 Vimzsh をインストールし、最低限の作業効率を確保します。その後、SSHの設定を変更します。


sudo apt-get -y install zsh && sudo apt-get -y install vim

chsh -s /bin/zsh

sudo vim /etc/ssh/sshd_config




# ルートログインの禁止
PermitRootLogin no

# ポートの変更
Port 22113

# パスワードログインの禁止
PasswordAuthentication no

# DNSの無効化
UseDNS no



ファイアウォールの設定を行います。

sudo service ssh restart

sudo ufw enable

sudo ufw allow ssh

sudo ufw allow 22113/tcp



ダイナミックDNSを設定し、ルーターのグローバルIPアドレスを登録します。使用するのは、 MyDNS がお勧めです。 アカウント登録 して、 ドメイン設定 しましょう。


ルーターのアドレスをMyDNSに定期的に通知するようにします。まずは、メールソフトの 設定 からです。

sudo apt-get -y install fetchmail

vim ~/.fetchmailrc




set no bouncemail (送信者にエラーメッセージを送らない。)

defaults
uidl (重複したメールを読み取らない。)

no mimedecode (MIME 形式のメッセージに変換しない。)
keep

poll pop.xxxxxxx.ne.jp (pop、imapメールサーバーを設定。)
protocol pop3 (pop3、imapを設定。)
user AAAAA (アクセスに必要なユーザIDを設定。)
password BBBBB (アクセスに必要なパスワードを設定。)
smtphost localhost (転送先のホストを設定。)
is CCCCC here (配信するユーザ名を設定。hereがある場合はローカルユーザ。)



次に、コマンドを定期的に実行するソフトを 設定 します。


crontab -e


# m h dom mon dow command
0 * * * * /usr/bin/fetchmail -f $HOME/.fetchmailrc 1> /dev/null 2>&1



最後に、MyDNSへの通知と確認を行います。

sudo chmod 710 ~/.fetchmailrc

fetchmail

nslookup xxxxxx.server-on.net



これで、WAN経由で使用出来るドメインが使えるようになりました。後は、ルーターにて、ポートマッピングの 設定 を行えば、WAN経由でSSH接続ができるようになります。


sudo apt-get -y install w3m

w3m 192.168.0.1



ポートマッピングの設定を終えたら、以下のコマンドでサーバーに接続できると思います。

ssh -p 22113 user@xxxxxx.server-on.net



スマホでの接続



ここでは、 iPhone を使用して、サーバーへの接続を試みます。SSHクライアントには、以下のアプリがおすすめです。

Prompt 1.3.2(¥700)App
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: Panic, Inc. - Panic, Inc.(サイズ: 6.8 MB)
全てのバージョンの評価: (49件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


まずは、サーバーの秘密鍵をiPhoneにコピーします。それには、サーバーで秘密鍵を作成し、クライアントでダウンロードしなければなりません。

ssh user@192.168.0.7 -p 22113

ssh-keygen

exit

sftp -P 22113 user@192.168.0.7

> cd ~/.ssh

> get id_rsa

open -a iTunes


itunes_iphone_app_prompt


そして、iPhoneの Prompt でSSHサーバーの情報を設定して接続します。

ios_prompt


スマホ利用時に便利な設定


スマホを利用する際に、サーバーに設定しておくと便利なものはたくさんあります。今回は、その中の2つを紹介していこうと思います。


VPN



SSHサーバーとして利用する場合、同時に、VPNサーバーとしても利用できるようにしておくと便利です。VPNサーバーに接続することで、スマホがローカルのIPアドレスを取得したのと同じ効果があります。以下の 設定 をすることで、VPN接続できるようになります。

sudo apt-get -y install pptpd


sudo vim /etc/pptpd.conf
localip 192.168.0.7 # pptpdの動作しているマシンのIPアドレス
remoteip 192.168.0.190 # クライアントに割り当てるIPアドレス


sudo vim /etc/sysctl.conf
net.ipv4.ip_forward=1


sudo vim /etc/ppp/chap-secrets
username pptpd "password" * # ユーザ名、サーバ名、パスワード、クライアントIPアドレス


ここまで設定できたら、後は、スマホの設定を行います。


設定 > 一般 > ネットワーク > VPN
iphone_pptpd


WOL


WOLを 設定 することで、リモートでパソコンの電源をいれることができます。BIOSの 設定 が必要になりますが、便利です。


sudo apt-get install ethtool

sudo ethtool -s eth0 wol g

sudo vim /etc/rc.local


/usr/sbin/ethtool -s eth0 wol g
exit0


あとは、スマホのアプリでマジックパケットを送りつければ指定したMacアドレスのパソコンが起動します。

iNet Pro - Network scanner 2.0.6(¥500)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: BananaGlue GmbH - BananaGlue GmbH(サイズ: 10.5 MB)
全てのバージョンの評価: (22件の評価)



ios_inet_wol


なお、WAN経由でルーター下にあるパソコンにマジックパケットを届けたければ、モデムの 設定VPN接続 が必要になってきます。



デスクトップのカスタマイズ


次に、デスクトップ環境を構築します。`Ubuntu12.04`で採用されている Unity は非力なパソコン(Memory512MB)には向いていません。私が気に入っているデスクトップは以下の様なものです。


sudo apt-get -y install lxde

sudo apt-get -y install gnome-panel

sudo apt-get -y install awesome


これらのデスクトップテーマを適用するには、一度ログアウトしてからログイン画面にてテーマを選択します。


また、デスクトップのカスタマイズには、以下の アプリ が便利です。

sudo add-apt-repository ppa:tualatrix/ppa

sudo apt-get update

sudo apt-get install ubuntu-tweak



sudo add-apt-repository ppa:cairo-dock-team

sudo apt-get update

sudo apt-get install cairo-dock cairo-dock-plug-ins



dotfiles


即座に環境を構築したければ、GitHubにあがってる様々な dotfiles を参考にしてみるのがお勧めです。ここでは、 yuroyoro さんの設定ファイルを適用してみます。なお、用意されている setup.sh を実行してもいいのですが、ここでは、手動で適用してみようと思います。

sudo apt-get -y install git

git clone https://github.com/gmarik/vundle.git ~/.vim/bundle/vundle

git clone https://github.com/yuroyoro/dotfiles.git

cd dotfiles

cp .zshrc .vimrc .tmux.conf ~/

vim


そして、 :BundleInstall を実行し、プラグインをインストールします。

プラグインをインストールした後は、最低限エラーを出さない設定を施します。

cd ~/.vim/bundle/vimproc

make -f make_unix.mak

sudo apt-get -y install catgs

sudo apt-get -y install tmux



最後に、オリジナルの設定を施したり、設定ファイルを修正したりすることで、効率的に環境の構築が行えます。


オリジナルの設定



私は、オリジナルの設定やプロンプトの設定は分けていることが多いです。

echo "source ~/Dropbox/dotfiles/.zshrc.original" >> ~/.zshrc



設定ファイルのアップロード



scp -P 22113 -r dotfiles user@192.168.0.7:/tmp


tmuxのプロンプトのカスタマイズ



tmux-powerline というものが公開されています。

cd

git clone https://github.com/erikw/tmux-powerline.git

sudo apt-get -y install curl

vim ~/.tmux.conf


なお、ここでは、競合する設定はコメント化することが前提です。以下を設定ファイルの末尾に追記してください。

set-option -g status on
set-option -g status-interval 2
set-option -g status-utf8 on
set-option -g status-justify "centre"
set-option -g status-left-length 60
set-option -g status-right-length 90
set-option -g status-left "#(~/tmux-powerline/status-left.sh)"
set-option -g status-right "#(~/tmux-powerline/status-right.sh)"


その他必要なものもありますが、適時設定、インストールしてください。


tmux_powerline_setting


Rictyフォントを使用する



プログラミング用のフォント Ricty をターミナルの適用すると、そこそこ文字が読みやすくなるような気がします。

git clone https://github.com/yascentur/Ricty.git

cd Ricty

sudo apt-get install fontforge

wget http://levien.com/type/myfonts/Inconsolata.otf

w3m http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/download.html
(`Migu 1M`をダウンロードします。)

unzip migu-1m-20120411-2.zip

sh ricty_generator.sh Inconsolata.otf migu-1m-regular.ttf migu-1m-bold.ttf


SSH接続して設定する場合は、以下のようにします。

ssh -P 22113 -Y -C user@192.168.0.7

nautilus

`Ritcy.ttf`を開き、フォントをインストールします。

gnome-terminal

編集 > プロファイル > フォント > Ricty (17以上でないと選択できない?)


x


なお、フォントが出来上がったら、次から設定しやすいように共有しておくと便利です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...