Diggの使用感

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
DiggのRSSサービスを利用してみて。

photo credit: adrian boioglu



Digg 5.0(無料)App
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: Digg - Digg Inc.(サイズ: 9 MB)
全てのバージョンの評価: (64件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応




Diggは、UIは良いですが、結論としては、これはないですね。


あくまで GoogleReaderと比較してですが、Diggを使ってみた感想です。


1. 全記事を取得できていない



これについては賛否両論あるかと思います。具体的には、そこまで全部の情報を見なくてもいいだろという意見と、全部の情報を見たいという意見です。


個人的には、全部の情報にアクセスしたいわけではありませんが、前提として、購読した全情報は、取得できるようにしておいてほしいです。Diggは、どうやら登録してあるサイトの最新の全情報を取得できてないようです。





RSS購読自体がフィルタの役割を担っているとは思いますが、さらにフィルタにかけるかどうかは、あくまで個人が判断すべき問題だと思います。


最近では、RSSよりも手軽なサービスが人気なようですが、RSSでもフォルダ管理できたりと、情報の取捨選択はできるはずだと考えます。


したがって、RSSが衰退していくことはないでしょう。特に本質的でコアな人ほど、RSSのシンプルな機能に惹かれると思います。


ここで、このような特徴を持ったRSSサービスである以上、やっぱり全記事は取得できるようにしておいて欲しいと思いました。


2. すべての記事が読みづらい



私は、フォルダ管理が適当なので、すべての記事からざっと情報を取捨選択するスタイルを採用しています。


ここで、Diggは、この「すべての記事」が非常に読みづらく、取得できる情報が限定されているようです。


よって、フォルダごとに読んでいかなければならず、面倒です。


3. 認証が簡単



ここまで個人的によく思っていない点を書いて来ましたが、GoogleReaderからの移行が簡単にできることは、非常に良かったと思います。


具体的には、Googleのアカウントで認証ができ、登録は簡単です。





その他、簡単にインポートできるような配慮もしているようでした。


以上がDiggを使ってみた感想になります。 Feedlyはどうなんでしょうね。(面倒なのでしばらくは、Diggを使いますが...)