Free!の感想

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
アニメのFree!を視聴してみました。面白いです。







Free!とは



Free!とは、女の子をターゲットにした京アニが製作した新作アニメです。なぜ、女の子をターゲットにしたアニメだと考えるのかというと、主人公がカッコイイ男性だからです。


しかし、個人的にはそんなことはどうでもいいです。ネット上で私と関わってきた方は、ご存知かもしれませんが、私は、性別や年齢、国籍や人種、社会的地位などあらゆる事情をすべて無視して人と接するように心がけています。


つまり、かなり無礼なことを言いますが、私の前では、その人の人格のみがすべてになります。有名か否かや、その人の能力なども一切考慮されません。


そんなこともあり、アニメを試聴するときも、これと同じようなルールが適用されます。具体的には、女性向け、男性向け一切関係ありません。面白いものは面白いし、女性であれ、男性であれ、かっこいい主人公が出てくるアニメは好きです。


また、アニメにも出来る限り多様性があった方が良いと考えています。


しかし、個人的には、今までのアニメ業界は、あまりに男性寄りのものが多かった気がします。


よって、今回の女性をターゲットにしたと思われるFree!というアニメには、個人的には、興味があります。


2話まで視聴してみた感想



勝負の真意



2話では、主人公は、かつての仲間だった海外に留学したライバルとも言える相手(以下、ライバル)と水泳で勝負します。


この勝負は、主人公が持ちかけたものでした。


結果、主人公は勝負に負けます。


しかし、主人公は、勝ち負けにこだわらず、タイムすら気にしない奴だそうです。また、普段の生活態度などを見ても、ただ泳ぐことが好きなだけなんだなという印象を受けます。


そんな主人公が勝負を持ちかけること自体、上の事情とはかなり矛盾します。


では、なぜ、主人公は、ライバルに勝負を持ちかけたのでしょうか。


思うに、これは、過去の出来事が関係していたようです。つまり、主人公は、過去にライバルと対戦して、勝っています。


そして、ライバルは、主人公と反対に、勝負の勝ち負けに深くこだわる人物のようでした。


よって、この過去の出来事により、主人公は、ライバルを深く傷つけたと考えているのだと思います。思うに、そのことを今まで後悔し続けてきたのでしょう。


したがって、もう一度、ライバルと勝負し、負けることで、過去の後悔を打ち消そうと考えたのでしょう。このことが理由で、主人公は、ライバルに勝負を持ちかけたのだと私は考えます。


もちろん、この勝負においては、主人公は、わざと負けた可能性が高いと考えます。その根拠は、勝負の勝ち負けにこだわるライバルが、勝負に勝ってもなお、怒っていたからです。


今後の展開



このことから、今後のFree!の展開がある程度、読める気がします。


Free!の今後の展開とは、具体的には、物語の登場人物の成長です。


そもそも登場人物に未熟な部分があって、それでいて成長もしないのであれば、それは、物語の展開として望めません。


では、具体的に、誰が成長するのかというと、この物語で一番成長するのは、ライバルだと思います。


なぜなら、ライバルが現時点で一番成長できていないと考えるからです。


ライバルは、勝負に負けたからといって、水泳をやめています。しかも、水泳をやめた理由が、主人公に負けたからというものです。続けることが、何より大切なのに...。


その点では、主人公も同じです。しかし、その未熟さは、ライバルほどではないと考えます。


したがって、この物語では、ライバルが一番成長するだろうと予測します。もちろん、主人公も成長すると思いますが...。


成長



では、どのように成長するのでしょうか。具体的には、その人物に足りない部分ということになります。


そして、2話では、登場人物たちは、重大な成長を遂げています。これは、水泳を再開したということです。今まで、本当は好きなのに、止めていた水泳を始めたのは、大きな成長の一つだと思います。


他の部分は、結構難しいですね。しかし、その人物に足りている部分から考えていけば、色々と見えてくるものがあると思います。


例えば、主人公は、泳ぐのが好きです。ただ泳げれば、それで良いと考えているようです。自分が好きな事だけをやっていたい、それだけなのかもしれません。


しかし、これは、長所でもあり、短所でもあります。往々にして、様々な要素というのは、相反する側面も併せ持ちます。この例で言えば、真っ直ぐだけど、自分のことばかりだよね、ということです。


ということは、この物語では、主人公は、自分のことばかりだったけど、部活を通して、仲間のことも考えるという成長が描かれているのかもしれないと推測することができます。


反対に、ライバルはというと、勝負にこだわりすぎていた部分があります。勝負にこだわるということは、これは、とても素晴らしいことだと思いますが、一方で、「好き」を疎かにしているきらいがあると考えます。つまり、勝負に勝てばそれでいいだろ、ではなく、楽しんでやらなければ、意味が無いということです。以上より、ライバルも、部活を通して、勝負の勝ち負けではなく、泳ぐことの楽しさに目覚めていくような成長が描かれているのかもしれません。


お気に入りキャラクター



Free!では、主人公がお気に入りです。カッコイイですね。


(後で、名前調べとかないとな...)


最後に



私の言うことは、ほとんどの場合、当てになりません。私の推測は、非常にお粗末で、むしろ外れる確率のほうが高いでしょう。したがって、絶対に、当てにしないでください。この記事をも含め、このブログで記述された内容は、参考程度、もしくはそれ以下で評価していただければと思います。


このブログは、何かの答えを提示するものではなく、あくまで、読者の方々が何かを考えるためのきっかけになればと思って、書いています。よろしくお願いします。


あと、この記事では、登場人物を未熟とか、成長できていないと表現しましたが、本音では、そんなことは思っていません。どの人物も素晴らしく魅力的で、完璧です。ただ、予測を書く上で、必要な表現でしたので、そのように書きました。


ここで言う完璧というのは、完全完璧なことではありません。人は欠点があって当たり前ですし、むしろ欠点があったほうが、魅力的で素晴らしいことだと思います。正直に言うと、成長しなくても、それでいいんだよ、というのが私が考えるところではあります。


では。