"CCさくら"というアニメを視聴してみました

anime_kon
カードキャプターさくらという作品を見てみました。昔のアニメですが面白かったです。

photo-credit: 京アニ


この前、以下のハッシュタグが Twitter で流れてきました。

#今夜国民が後世に残したいアニメを決める番組を放送するみたいけどどうせデキレースが見えてるから俺たちで後世に残したいアニメを決める


私は、 CLANNADに投票しましたが、 けいおん!にしようかどうしようか迷いました。一番好きな作品は後者なのですが、他人の薦めたい作品は、前者なのです。


しかし、後世に残したいというのは、他人に薦めたい作品のほうが近いだろうと考えたので、前者であるCLANNADに投票しました。


しかし、 ランキングを見てみると、知らない作品ばかりで、改めて自分の"アニメにわか"っぷりを思い知りました。


順位 タイトル
1位 カウボーイビバップ(22票)
2位 攻殻機動隊シリーズ(19票)
4位 カードキャプターさくら(17票)
.
.
.
13位 CLANNAD(10票)
19位 けいおん!(8票)



ランキングを見てみると、自分が投票した作品、かなり順位低かったです。そして、上位の作品はほとんど知らない...。


ということで、ランキング上位の作品のうち、1つだけを選んで視聴してみることにしました。


視聴した作品は、 CCさくら(カードキャプターさくら)という4位にランクインした作品です。


絵がかなり古い感じがしましたが、内容はすごく良かったです。


以下、CCさくらという作品の感想です。


CCさくらは、とても面白かったです。まず、主人公が可愛かったのと、世界観というか、この作品の街が好きだったのが大きかったです。


私の場合、主人公はただ完璧なだけではなく、時に不完全なところを見せてくれると評価が上がります。


この作品の主人公、さくらは、ケロちゃんという一緒に住んでいる魔獣(ぬいぐるみ)と喧嘩をする話があるのですが、喧嘩シーンなんかも可愛かったです。


あと、この作品の恋愛要素は、私の好みでした。普通というか、そんな感じの印象を受けたのが良かったのでしょう。


ここでいう普通というのは、「一緒にいるうちに好きになって、自分の気持に気づいて、その気持を伝えて」という自然の流れのことをいいます。こういう恋愛要素、展開はとても良いと思いました。


次に、この作品の世界観はとても好きですね。主人公よりも、むしろこっちのほうが好きだったかもしれません。


具体的には、作中に出てくるペンギン公園という場所があるのですが、この場所は作中では繰り返し登場します。


そして、繰り返し登場することにより、その時の季節や天候によって、ペンギン公園の色々な雰囲気が楽しめるのが良かったです。


世界観というのは、こういうように作っていくんだなと思いました。


つまり、繰り返し同じ場所を使うことと、その日その日によって、違った雰囲気を作り出すということです。


例えば、晴れの日と雨の日では、同じ場所でも全く雰囲気が違います。


もしこれが、一度しか使われない場所なら、その時の季節や天候で、その場所の雰囲気が固定されてしまいます。


しかし、同じ場所を何度も使うことで、より多様な世界がはっきりしてきて、それが作品の世界観への評価に影響を与えるのではないかと思いました。