PSVITA-2000や初音ミクV3など最近気になった商品

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
個人的に最近気になったものをピックアップします。

photo-credit: sony


タイトル 価格 内容
PSVITA-2000 ¥19,929 PSPの後継機であるVitaの軽量版
初音ミクV3 ¥16,800 音源ソフト。ただし、初音ミクV3では曲作りに必要なソフト(Macにも対応)が同梱されることになった
ショルダーバッグ ¥4,095 GRANDSTONEの片腕用のショルダーバッグ



PSVITA-2000






PSPもPSP-2000になってかなり進化しましたから、VITA-2000についても相当期待しています。携帯ゲーム機の軽量化はすごく大事だと思います。


また、気になるソフトも今後発売される予定だそうで、本体がほしいところ。


ゲーム機について言えることは、今後、スマホの影響で規模は縮小することが予想されるものの、スマホアプリの形態とは一線を画したほうが良いと思うことくらいです。


スマホアプリの現在の形態は、課金です。アプリ自体は無料のものが多いのですが、これは、その後お金が必要になってくるというものです。


しかし、ゲーム機で遊べるゲームの良い所は、一度ソフトを買ったら、基本、お金を払わなくて良いという点だと思います。これは、現代におけるゲーム機の最大の利点だと思っています。


もし今後ゲーム機で遊べるゲームがスマホ化し、課金が基本となるなら、たぶん衰退するだろうと考えています。


スマホで手軽にゲームができるようになった以上、これまでのゲーム機は縮小していくのは当然のことであって、これは受け入れるしかないと考えます。


しかし、これを重く受け止めすぎてしまったり、慌てふためいて、ゲーム機がスマホの真似事などをすると、余計に事態は悪化すると思います。


よって、個人的には、ゲーム機は今まで通りの路線で行くのが一番良いのかなと考えています。


もちろん、新たな方法を取り入れるのもいいですが、あくまで重要かつメインなのは、ソフトだと思います。さらにそのソフトは、一度お金を出したら課金はしない、というものだと思います。


だいぶ前から思っていたことなので、どこかで書いたことがあったかもしれませんが...。


初音ミクV3






初音ミクV3はこれ一本で曲を作れるというものです。音符すら読めない自分が、本当に曲作れるのだろうかと疑問が浮かびますが、曲作りには一度チャレンジしてみたいと思っていました。


そして、曲作りのために現在最も合理的な選択肢が、初音ミクV3だと考えています。


今までは、音源、曲作りのために必要な複数のソフトは結構値段が高くて、バラバラで販売されていたようです。そのようなこともあり、初心者には曲作りは敷居が高いものでした。


もちろん、無料ソフトを使っても曲を作ることはできますが、無料ソフトは使い方が難しく、ソフトの選択にも非常に迷います。したがって、無料で曲作りという選択肢も初心者には敷居が高かったと思います。


初音ミクV3は、以上の点を改善しているようなので、とても気になる商品です。


ショルダーバッグ






個人的には。こういうバッグ、前から欲しかったんですよね。


「A4ファイルもラクラク入る、抜群の収納力!」とあることから、多分、MacBookAirは入ると思います。


取り扱い開始日: 2013/8/29とあることから、それほど古い商品ではないと推測できそうです。(発売日ではないので、あくまで推測ですが


黒色もあるようですが、売り切れらしいです。