イラストの練習6

amazon
イラストの練習、6回目です。ドキュメント読みました。

photo-credit: IconAarchive


ドキュメント読みました。収穫はありませんでした。(全部知ってた...。





イラスト描いてみました。






知りたい情報



現在、私がやってみたい操作は、各レイヤーに描いたイラストの結合部分を補完するやり方です。と言っても、やはりイラスト関連の情報は言葉で伝えるのが難しいため、これだけでは分からないと思います。


今までのやり方



今までのやり方は、各パーツ、例えば、顔や服などの線画を別々のレイヤーで保存し(これを"A"とします)、それぞれのパーツに1つずつ新しい真っ白のレイヤーを付けます(これを"B"とします)。レイヤーの優先順位は、A、Bの順です。


ここで、レイヤーAの背景を塗りつぶします。


次に、レイヤーBで色を塗っていきます。レイヤーAで塗りつぶした部分には、色塗りの効果が及ばないため、色塗りが楽になります。


次に、レイヤーAとレイヤーBを統合します(これを"C"とします)。


最後に、結合してできたレイヤーCを"乗算"にします。


以上を各パーツごとに繰り返します。


最後に、複数のレイヤーCを統合していきます。


お好みで、細かな修正を加えていきます。具体的には、不鮮明な部分を手作業で塗りつぶしていくか(塗りつぶしは使用しない)、気に入らない部分を背景色でカットしていくかです。


問題点



これだと、各レイヤーに描いたイラストが繋がり合う部分に齟齬(そご)が生じてしまうので、良くありません。


もしかしたら、レイヤーを複製した上で、そこに新たに描くパーツを付け足していくという感じにすれば、うまくいくかもしれません。


もちろん、塗らないパーツ部分は、塗りつぶします。


今度、試してみようと思います。


(しかし、これだとレイヤーを統合した時に、変なふうにならないだろうか...。


気づいたこと


適当に塗ると、あまりいい感じにはなりませんね。


影に関しては、明らかな変化を付ける影とそうでない影があるみたいです。


明らかな変化を付ける影は、非常にシンプルに、数を少なくするのが良さそうです。


それ以外の影、具体的には、一見して分からないような影は、なるべく近い色を使い、範囲は広めにするのが良さそうです。


あと、使用アプリである「SketchBookPro for Android」は、"抜きが甘い"と言われているようです。


"抜きが甘い"とは、線画の終わりが、線画の始まりと同じようにはならないということみたいです。


当該アプリを使っていて、確かにそうだなと思いました。"抜きが甘い"ので、影を付けるときは正直、苦労します。