ダイエットを頑張っている人の気持ち

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
今までよくわからなかった人の気持ちも、やってみると分かってくることがありますね。

photo-credit: syui


私は、今まで、ダイエットを頑張っている人の気持ちが良く分かりませんでした。


何故なら、女の子は、少しふっくらしている方が、モテると思うし、別にダイエットしなくてもいいだろと思うことが多かったからです。


しかし、自分が断食や一日一食を頑張ってみて、初めて、こういう人たちの気持ちが分かってきました。


ダイエットを頑張っている人の多くは、なりたい自分になるために、頑張っていたんですね。


思うに、異性にモテるとかそういう即物的なもののために頑張っているわけではないのですよ。


私は、現在、痩せたいわけでも、ダイエットしたいわけでもなく、一日一食という習慣を作るために頑張っています。


しかし、お腹が空いたりするので、ついつい食べ過ぎてしまったりして、あまりうまくいっていません。


それでも、毎日、そういう習慣を作りたいという意識はあって、失敗ばかりですが、頑張っています。


では、何故、断食や一日一食という習慣を作りたいのかというと、なりたい自分になるためだったりします。


周りの人からは、「若いうちからそんなことしなくていい」、「年をとったときに、影響が出てくる」、「成長が止まる」などと言われたりします。


しかし、そんなこと「知るか!」です。


個人的には、成長が止まろうが、年とったときに影響が出てこようが、正直、どうでもいいことです。


私は、なりたい自分になるために、自分が正しいと思ったことをするだけです。


私は、普通の人と同じように年をとりたくないと考えています。


しかし、普通に食べて、普通に生活しているだけでは、普通の人と同じように年をとっていくことが予想されます。


よって、普通の人と同じように年をとりたくなければ、何かを普通とは違うものに変化させていかなければならないと思います。


ここで、食事は、体を構成するための基本要素なので、それを変化させていくのが一番良いのではないかと考えました。


具体的には、一日一食を基本として、1週間に1度だけ断食するという習慣を目指しています。


難しいです...。