習慣の作り方

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
今回は、習慣の作り方を紹介します。何となく思ったことを書いていくだけなので、それほど参考になるものではありません。

photo-credit: syui


少食習慣が確立していく確信



私は、現在、1日1食の習慣作りを頑張っていて、それがなかなか上手くいっています。


私は、ランニングや筋トレなど毎日行っていることがいくつかあります。ここでは、それらを習慣と言うことにします。


他の習慣が確立された時もそうでしたが、この間、少食に関して、それに似た感覚を得ました。


では、ここでいう感覚というのは、どういったものなのか。


具体的には、「確固たる意志」、「揺るがない意志」みたいな言葉が、その感覚に一番近い表現だと思います。


簡単に言うと、変な自信が自分の中に出来上がっちゃた状態です。


他の習慣が身に付いた時も、こんな感じがしてたなという気がします。


変な自信が出来上がるまで



この変な自信が自分の中で出来上がるまでに、以下の経過を辿ったことを覚えています。


1. 自分は寝転んでいて、目を閉じています。

2. この時、意識があるのかないのかは覚えていません。そこで、明日の自分のスケジュール(行動パターン)が詳細に流れます。

3. スケジュールは、事細かく提示され、その中に自分がやりたいこと(習慣化したいこと)が組み込まれています。

4. 明日の行動パターンが流れ終わった後は、はっきりとした意識が目覚めます。

5. ここで、先ほどイメージしていた明日の自分の行動パターンを3回ほど繰り返します。




事細かく提示される行動パターンというのは、「朝何時に起きて、歯磨きして、朝食を食べて、学校に行って、休み時間コレをして、何時に帰宅して、宿題して、何時からランニングして」というように非常に細かい流れで示されます。


3回(これは合計3回のことであり、あと2回繰り返せば良い)繰り返すのは、明らかに自分の意思でやっています。なんで繰り返そうと思ったのかはよく分かりませんが、何となくでしょう。何となく、3回ほど繰り返しイメージしてみるかという感じです。そして、変な自信が出来上がるには、コレが必要かどうかはよく分かっていません。


そして、次の日、寝る前にイメージしたことと同じようなことができています。次の日も、その次の日もです。


ここで思ったのが、寝る前に明日の予兆というか、明日どういった流れで行動したいのかを明確にイメージし、それを3回ほど繰り返すことで、習慣というものを作りやすいのかなと思いました。


何となくですが...。


少食は体にいいと思う



果物も老化、加齢の原因になる?


上のエントリーは、糖化と酸化についてですね。具体的には、甘いもの、脂っこいものを食べ過ぎると、糖化、酸化が起こり、それが老化につながるということです。


そして、糖化については、個人の体質にもよりますが、通常は、1日1本のジュースを飲むだけで、それを達成してしまいます。


以上のことを考えると、1日3食というのは、健康のためには、厳しい条件ではないかと思います。


そもそも、あらゆる欲求にも言えることですが、人間は、食べれば食べるほど、もっと欲しくなるというのが、世の常だと私は考えています。


よって、1日3食で余分なエネルギーを取らないというのは、難易度が高いことだと私は感じています。


どこかで計算ミスや解明されていない不安要素が入り込んでくる可能性は非常に高いです。


もしかしたら、糖分が健康値オーバーになってるかもしれないし、カロリーが一日の摂取目安を超えているかもしれない。それは、脂分や他の成分でも考えれれます。また、実は食材に発ガン物質を多く含んだものがあるかもしれない。さらに、そもそも健康値が間違っているかもしれないし、目安が違っているかもしれない。こういう基準値、指標値が将来的に修正される可能性もあります。このような事情から、食べる量を減らす、食べる回数を減らすというのは、健康のためには、大切なことなのかなと思います。


したがって、ペットボトルのジュース1本も飲めないのは辛いのですが、少し頑張りたい...。


同じメニューを我慢できない人



私は、幼い頃から「何故いつも同じメニューを出さないんだろう」という考えが自分の中にありました。


私は、基本的にいつも同じものを出されても飽きない性格だったので、いつも同じメニューが出されても苦にはなりません(嫌いなものは別ですが)。


しかも、同じメニューのほうが、作る方は楽だし、食費も明確だし、何となく安心するし、健康にも配慮しやすいので、そっちのほうがいいんじゃないかなと思っています。


今のところ、以下のメニューが美味しいし、健康にもいいんじゃないかなと思っています。


ご飯、味噌汁、リンゴ(?)

年中食べられる身近なフルーツ"リンゴ"の健康効果が最強だった...!


ただし、リンゴに関しては、要検証であり、微妙なところではあります。


まず、購入するのが面倒くさい、保存するのが面倒くさい、洗うのが面倒くさい、切り分けるのが面倒くさい、という事情があります。


私は、基本的には、何もしないのが健康に一番いい、お金をかければかけるほど、かなりの確率で不健康になるという考え方に立っていますので、面倒くさいというのは、私の中では不正義なのです。


しかも、面倒くさいことはなかなか続かないものです。


何かリンゴの代わりになる良い物あったら是非教えて下さい。


ちなみに、なぜパンではなく、ご飯が良いのかというと、普通の食パンであっても、バター風味のすごく濃い味がするような気がするからです。


実際は、それほど濃くないのかもしれないのだけど、非常に深い部分で濃い味がする感じです。何か入ってるのかな...。


山崎パンランチパックなどに臭素酸カリウム【発がん性物質】添加物 | 旬なニュースとおもしろネタを紹介!


味噌汁(みそしる)は、簡単に作れるし、美味しいしという理由で選択します。味噌(みそ)入れて、お湯注ぐだけですからね。場合によっては、豆腐(とうふ)や乾燥ワカメなど入れてもいいかもしれません。ちなみに、結構昔に話題になった味噌汁による放射能を排出する効果については、現時点では分からないということのようです。


「1日2杯の味噌汁が効く」は本当ですか?  放射能汚染のトンデモ科学に騙されないために


あと、前回書いたお菓子の記事は、何となく、お気に入りのお菓子にはもう会うことがなさそう気がしたので、書いてみました。


就寝時間



そういえば、少食が実践出来ているのは、就寝時間も関係しているのかもしれません。


個人的には、早寝早起きは、習慣の中で最も重要なことかもしれないと考えています。


具体的には、20時までには寝て、4時までには起きるといいと思います。

なぜ早く寝たほうがいいのか?--知らないと損かも・・


正直なところ、成長ホルモンがどうとかいうことではなく、実感として。