黒猫のウィズを無課金でやってみた

ios
30分くらいプレイしてみた。よくわからん...。

photo-credit: syui


はじめに



私は、課金ゲームというか、ソーシャルゲームには全く興味がなく、周りの友達がパスドラなどにハマっている時も、普通に一人だけプレイしていませんでした。


しかし、さすがに、そろそろプレイしておかないとまずいだろというよく分からないプレッシャーから、一度くらいプレイしてみることにしました。


今回のプレイによって、最近、流行の課金ゲーム、ソーシャルゲームというのは、どんな感じのものなのかを、自分なりに把握できれば幸いです。


進行状況



とりあえず、最初のイベントらしきものを片付けて、下メニューを選択できるようにすることを目指しました。


下メニューというのは、「トーナメント」や「ガチャ」などですね。


現在の進行状況は以下の通り。




デッキ



初回プレイのデッキは以下の様な感じ。使わんカードは、全部、売却するか、合成しました。うーん、この部分だけ見ても、自分の性格が如実に現れてるような気がする...。




ガチャ



ガチャというのは、カードをガチャガチャすることらしい。何が出るかはお楽しみ。


そして、ガチャするには、クリスタル(最低5個)というものが必要になるみたいです。


無課金でも、ステージをクリアすることや、プレゼントでクリスタルが貰えることがあるらしいです。


初回プレイでも、無課金で3回ほどガチャをやることが出来ました。


出てきたカードは、以下の様な感じのもの。今のところ「フィリー」が一番のお気に入りカードです。




フィリー





項目 内容
属性
ランク A
コスト 10
アンサースキル コールドヒル++(水属性の味方のHPを中回復)
スペシャルスキル 樹木の癒し(味方全体のHPを小回復する)
ひとこと ...


参考:
http://kuroneko-wiz.ldblog.jp/archives/33767447.html


コメント



ちょっとプレイしてみたけど、よく分からない。


バトルは、クイズ形式。正答率やスピードなどは、個人と結び付けられて、売られたりするのだろうか...。その辺はよく分からない。


とすると、情報を買う企業は、やっぱり就職関連とかに利用するのかなとか思ったり。


ゲーム面の感想としては、結構面白く作られていると思います。ストーリーや個性が出せる部分がバランスよくできている感じがします。


課金面で言うと、プレイしていると、たしかに、カードを欲しくなってしまいますね。


あと、ステージはたくさんのプレイヤーに助けられて、早めにクリア出来ました。このへんの協力関係は、一体どういったシステムになっているのか、正直、よく分かっていません。