iTerm2 の Double-Width Characters の設定と tmux のステータスラインの相性が悪い件について

amazon
描写される内容からすると、set-option -g status-interval 2の設定が関係しているような気がする。

photo-credit: IconAarchive


問題



以下の様な感じになる。

Byobu-tmux footer propagates and takes up screen.


症状



昨日までなんとも無かったのに、アップデートも設定変更もしてないのになぜか突然、問題が顕在化してしまった。


一旦、tmuxをkillすれば、問題は解決するみたいです。iTerm2のDouble-WidthをONにしていても、tmuxのステータスラインは正常に表示されます。


しかし、killしても問題が再発し、killによる効果が効かなくなってしまった。


環境



iTerm2(Build 1.0.0.20131009-nightly): profiles>text>double-widthをon

tmux1.8: tmux-powerline


パッチ当ててみた







ということで、助言していただいた通りにすると以下のようになります。

sudo port uninstall tmux

w3m http://downloads.sourceforge.net/tmux/tmux-1.7.tar.gz

tar xzvf tmux-1.7.tar.gz

cd tmux-1.7

curl -O https://gist.github.com/waltarix/1399751/raw/tmux-ambiguous-width-cjk.patch -O https://raw.github.com/mgiken/portage-overlay/master/app-misc/tmux/files/tmux-pane-border-ascii.patch -O  https://raw.github.com/mgiken/portage-overlay/master/app-misc/tmux/files/tmux-do-not-combine-utf8.patch

patch -p1 < tmux-ambiguous-width-cjk.patch

patch -p1 < tmux-pane-border-ascii.patch

./configure

make

sudo make install



ちなみに、 tmux-1.8を使いたい場合は、以下の通り。なお、 stowを使い管理します。


sudo port install stow

sudo mkidir -p /usr/local/stow

w3m http://sourceforge.net/projects/tmux/files/latest/download

tar xzvf tmux-1.8.tar.gz

cd tmux-1.8

curl -O https://gist.github.com/waltarix/1399751/raw/tmux-ambiguous-width-cjk.patch -O https://raw.github.com/mgiken/portage-overlay/master/app-misc/tmux/files/tmux-pane-border-ascii.patch -O  https://raw.github.com/mgiken/portage-overlay/master/app-misc/tmux/files/tmux-do-not-combine-utf8.patch

patch -p1 < tmux-ambiguous-width-cjk.patch

./configure

make

sudo make install



あとは、フォルダ名、ファイル名でも適当に決めて、フォルダを /usr/local/stowにコピーし、パスの通った場所にシンボリックリンクを張ります。


使ってみて不都合がなければ、そのうち MacPorts で入れたtmux と切り替えましょう。





Macで"make install"するなら「gnu stow」で管理すると便利! | Macとかの雑記帳