「真・ガンダム無双」 レビュー

MacBook Air Software Reinstall USB Drive
今回は、軽い感じのレビューということで、「です・ます調」は使いません。「です・ます調」じゃなきゃヤダという人は、そっとページを閉じてください。

photo-credit: SONY

Amazon:
真・ガンダム無双

このゲームは、PSNにもありますので、ダウンロード版が良い(メモリーカードに入れて持ち運びたい)方は、そちらを選択してください。



何を血迷ったか、何故か VITA のガンダムを買った。


理由は、レビューサイトでの評価がすごく良かったから。


ちなみに、私は、ガンダムについてはまるで初心者で、アニメも見たこと無いし、ガンダムについては全く知らない。


では、なぜ買ったのかというと、先程も言ったように、評価が高かったのと、最近、Googleがロボットに力を入れてるらしいからというのが主な理由だったりする。


ちなみに、ガンダムとGoogleの関連性は全くない。


で、ゲームをプレイしてみた感想としては、「ガンダムはギャグ」ということを思った。


まず、ストーリーがギャグだった。


私は、笑いについては、意味不明系ギャグがツボだったりする。


この点、このゲームのストーリーは、意味不明すぎて、もはやギャグだった。


とても面白かった。色んな意味で...。


次に、キャラクターのセリフが、ギャグだった。


それ以外の点では、敵がいっぱい出てきて、それを簡単に倒せるので、爽快感がある。




このゲームは、通常、ガンダム好きな人が購入することを予定してるゲームだと思う。


よって、知ってる人にしかわからないようなストーリーは、とても良いと思う。(個人的には、意味不明だが...


後は、何の不都合もフリーズも処理落ちも確認できなかったため、作りとしては、かなり完成していると思う。


ということで、結論としては、「ミスった...」の一言。


現在、ちょっと開いた時間などは、敵を倒しまくるミッションをコツコツと進めてる。


たくさんの敵を倒すのは、結構爽快なので、つい手が出てしまうゲーム。



この記事は、あくまで個人的な見解に過ぎません。そして、私が書くことは、全くあてになりません。よって、この記事は、あくまで、参考程度、もしくはそれ以下に評価していただければと思います。