今、任天堂が復活に向けて取るべき二手

vita
Wii Uが不振なので、任天堂はスマホ進出するらしいという予測がされてるらしいです。

photo-credit: SONY


この記事は、以下の記事を参考に書いたネタ記事です。気軽にお読みください。

今、任天堂が復活に向けて取るべき一手


個人的に任天堂に希望していること



任天堂はソフトウェア特許に対してアグレッシブなので言いたいことは色々あるけれども、今回はそういった感情は脇に置いといて、すべてを自分の立場から、任天堂の復活に向けての戦略をひとつ紹介してみたい。


経営者なんて知るか。


私は、こちらの記事でも書いたが、任天堂には、以下の二つのものがあったら、売れると思っている。


具体的には、①VITAで動作する任天堂ハードのエミュレータ、②旧作ソフトが100-500円で売られているネットワークストア。


ちなみに、任天堂ハードのエミュレータは、DS, 3DS, Wii のものがあれば満足。ただし、それよりも古いハードのものがあっても別に困らない。


また、ここでいう旧作というのは、最新ハード以外のものすべてを指す。つまり、最新ハードが3DSならば、DSのソフトは100-500円で売られていれば嬉しい。


では、なぜエミュレータが必要なのか。そして、旧作ソフトを100-500円に設定する理由を説明する。


VITA上で動作するエミュレータが必要な理由



なぜVITAなのかというと、私は、VITA以外のハードでゲームをする気にはなれないからだ。


まず、携帯型ゲーム機以外でゲームをする気にはなれない。あくまで個人的に。


更に、たくさんのゲーム機をガチャガチャと所有すること自体が嫌で、一つのゲーム機に落ち着きたい。


そして、ゲーム機ならVITAが一番だと考えている。


よって、私が任天堂のソフトで遊ぶには、VITAで起動するエミュレータが出された時しか考えられないのだ。


いや、本音を言うと、一般化したiOSやAndroidなどに対向するには、ゲーム機をエミュレータ化するしかないと考えてるだけだったりする。


「ゲーム機のエミュレータを無料で配布し、ストアでソフトを売る」


こういう形態でしか、安くて良質なスマホアプリに対抗する術はないように思う。


旧作ソフトを100-500円に設定する理由



良質の無料ゲームが溢れている中、ゲームソフトにお金を出すということ自体、少なくなってくると思う。


ユーザーとしては、どうせ100-500円出すなら、iOSかAndroidのアプリに使うことのほうが多いだろう。


正直、これはどうしようもない問題であり、ゲームの質を上げれば良いというようなものではないような気がする。


これは、例えば、書籍の売上が減っているという問題に似てるのではないか。


インターネットで情報を得られるようになってからというもの、書籍に掲載されている情報の価値というのは、凄く下がったのだと思う。


にも関わらず、書籍を昔と同じ値段で売っていたのでは、売上が減るのは当たり前だ。


ソニーや任天堂は、このことを認識しているのだろうか。


安くて良質なゲームソフトがiOSやAndroidなどの一般的なOSで遊べるようになっているにも関わらず、昔と同じ値段、昔と同じやり方でやっていたのでは、衰退していくだけだと思う。


まあ、日本の電子書籍を見ていても分かるように、もはや手遅れ感があるように感じるのだけど、一応書いておくことにする。


DS Phoneは売れるのか



なお、私は、DS Phoneは出しても売れないと思う。


私は欲しくないし、DS PhoneかiPhoneどっちを選ぶかと聞かれれば、小学生でもiPhoneを選ぶだろう。


また、多くの親はiPhoneの方が将来性があると考え、そちらを選ばせると考える。


正直、任天堂が作ったOSよりも、iOSの方が将来性があると考えるのが一般だろう。


iPhoneでは、無料ゲームもできるし、iPhoneを選ばない理由はない。


DS Phoneを出した場合、「どうせ携帯を持たせることになるならどっちにするか」という問題になってしまう気がする。


なぜなら、ほとんどの親は子供に持たせる携帯は一つで十分と考えているからだ。


そして、この場合、iPhoneのほうが選ばれるので、結果的に、DS Phoneは売れないと予測する。


まとめ



今回も、自分が確実に購入するものだけの話をしてみたが、もし万が一任天堂がこの意見を参考にしてくださった場合には、自己責任でお願いしたい。