欲しいものリスト

ブログの更新

amazon
ブログの更新手順を動画を使って紹介します。

photo-credit: IconAarchive





はじめに



プログラミングでも、ブログでも、その書き方を撮影してそれを公開することが、クールに書けるようになる最も有効なやり方だと私は思います。

なぜかというと、公開することで、クールなやり方じゃない部分を修正するようになるからです。

ということで、パソコンの超初心者が、今までどのようにブログを書いていたのか、紹介したいと思います。




解説



1.まず、特定のディレクトリに移動しています。 zaw/history を使ってますね。

この点、書きかけがある場合は、 unite/file_mru を使うことが多いです。

2.Google+からの引用は API を使います。

これについてはすべて自作ですが、フォロー中のユーザーのポストを取得できるようにしています。

現在、簡易な思いつきポストをGoogle+の方で行っていまして、時々、ブログの更新に、これを持ってくることがあります。

3.次に、エディタは vim を使っています。

vimでは、 zencoding snippet HTML 略式、定型文の呼び出しを使って、執筆しているようです。

この点、記法には、 Markdown を使いたいのですが、私は、パソコンの超初心者なので、よく分かりません。

 pandoc などで HTML に変換してもよいのですが、別に困ってないのでよいのです。

4.写真を載せたい場合は、 Googleの画像検索API を使っています。

あと、アップロードする場合は、 PicasaAPI も使います。

5.プレビューは基本、行いません。

プレビューしていた時期もありますが、全く見ないので、別に良いのです。

あと、パソコンの初心者過ぎて、プレビューというのは、やっぱり難易度が高かったのかもしれません。

ちなみに、近々、移行予定のブログでは、プレビューとMarkdownパーサーが使いやすいので、とてもよいです。

私も、少しはパソコンのことをわかってきたということかもしれませんね。

6.ブログへのポストは、 BloggerAPI を使います。

同時に、プレビュー(最終確認)のために、ブラウザで開いています。

7.デスクトップの撮影は、Macアプリである QuickTimePlayer を使います。AppleScriptを使えば、まあ、ほどほどに操作できます。

あと、動画のアップロードは、やはり、 YouTubeAPI を使います。

API操作に関しては、 GoogleCL が便利です。

ここで、足りない機能は、個別に補完しましょう。


コメント



書き方にこだわっても意味が無いという意見もありますが、私はそうは思いません。

なぜなら、工夫することは、悪いことではないからです。

書き方を工夫しないよりは、工夫したほうが間違いなく良いはずです。

ここで、書き方の工夫というのは、主にエディタの使い方を習熟することに他なりません。

エディタにこだわるのはバカバカしいという論調もあることは確かですが、個人的には、ここはこだわっといたほうが良いだろうし、間違いなく、工夫したほうが良いと思います。

皆様は、どのような書き方をしているのか。非常に気になりますね。

書き方を公開することにより、改善の余地が明確になり、更には、改善する気になってきますので、お勧めだと思います。

何もしなければ、多分、変わることはないでしょう。今までも、そして、これからも...。

私自身、この記事を書くにあたって、今まで無視してきたクールじゃない部分を変更しています。

ブログの移行



最後になりましたが、ブログ、移行します。

この記事は、最後に、今までどういったやり方でブログを更新していたのかを記録しておくために書きました。

この際、文章だけよりも、動画があったほうが良いだろうと判断しました。

たまには、こちらにも来ることがあるかもしれませんが...。

http://syui.github.io/