欲しいものリスト

不正を暴く側は単なる一つの支配


昨日、VW(フォルクスワーゲン)の話をしましたが、では、不正を暴く側が正義であるかどうかというと、これも誰が利益をえるのかを考えればわかりやすい話だと思います。

今回、不正を暴いた側は、アメリカの運輸省だったか、そんな感じのアメリカ政府だったわけですが、前にもこれと似たようなことが、似たようなタイミングでありました。

それは、日本ではトヨタ叩きと言われるトヨタ車の自動発進問題です。ブレーキが効かなくなるんでしたっけ。とにかく、トヨタが多額の賠償金を支払わされたというあれです。

この件では、GMというアメリカの自動車会社とトヨタの対応の違いが騒がれていた印象があります。GMでも似たような問題はあったみたいですが、額(賠償金)がぜんぜん違ったようでした。

こういったことを考えると、規制を作る側、不正を暴く側が一般市民から見た正義や公正の感覚に即しているとは到底考えられず、通常はありえません。

その内実を見ると、「なんか変だなあ」と感じるひとが多いでしょう。

しかし、この問題も非常に単純で、要は、慈善事業で不正を暴くなんて一体誰が進んでやるんだってことです。それが自分たちの利益になるからやるに決まってるだろということが基本的な価値観です。いや、私ではなく、通常、人の価値観や考え方というのはこういうものです。

信じられませんか。

でも、たとえ政府であっても、基本的には、自分たちの不正は必死で隠そうとしますよね。この場合は、多くに、「ルール上はどうとでもなるが、国民に知られると、印象がどうもよくないから、というのがわかりやすい気がします。

なので、昨日は「VWは不正を行った会社なので、悪者だ」という感じの記事を書きましたが、今回は、実はそうでもない...かもしれないという話にしてみました。では。