欲しいものリスト

hubot-slack



最近、hubot-slackを使って色々なスクリプトを動かしていた気がします。


$ mkdir hello;cd hello
$ sudo yo hubot
$ ./bin/hubot


こんな感じで動かせるので、それをHerokuにDeployすれば、Requestに応じてくれる。ただし、今回は、Slackで使用するので、hubot-slackというモジュールをインストールして、Deployするんだけど、GitHubで共有開発することも想定に、GitHubにPushして、WerckerでDeployすることにしました。


$ npm i hubot-slack -S


通常は、この後にexternal-scripts.jsonにモジュールを追加しなければならないのですが、hubot-slackの場合は不要。

wercker.ymlは正直、なかなか書きづらかったです。自分が設定するbuild処理はいらないので、書かなかったら、その後、build:を書けと言われたので、適当にスクリプトでも書きます。


deploy:
steps:

- heroku-deploy:<br />    key: $HEROKU_KEY<br />    user: $HEROKU_USER<br />    app-name: $HEROKU_APP_NAME<br />



もちろんそれぞれの環境変数、API Keyとか入ってるのでPrivateに設定。

GitHubからWerckerでHerokuにDeploy後は、Repositoryを持ってきて、Herokuの環境変数を設定します。ちなみに、GitHubとHerokuのRepositoryは、別々に保存しておいたほうが楽です。

SlackHubotを追加。そこで、Tokenなどを取得して設定します。


$ heroku login
$ heroku config:add HUBOT_SLACK_TOKEN=xoxb-1234-5678-91011-00e4dd


あとは、Slack上から/invite bot_nameコマンドを実行すれば、作成したBotがJoinされます。

pingしてHeroku Appのスクリプトが動作するか見てみましょう。


@bot_name ping