最大の後悔



以前、アニメ、アルドノアのスレインの話をしたとき、彼の最大の後悔について、ある意見を書きました。

具体的には、信じきれなかったのが最もダメージを受けるというようなことです。

今回は、これについて少しだけ書きます。

実は、人を信じて裏切られるようなことがあっても、上記に比べてあまりダメージは受けません。そういうこともあるよねという程度。

なぜなら、それは他人のことだから。自分のことではないからです。

信じていたけど、途中で信じるのをやめてしまって、後で信じ続けることが正解だったとわかることほどの後悔はありません。

たとえば、あなたはゲームをしていたとしましょう。そこで、確信をもって最初の戦術をたてたとします。しかし、大きなことであれ、小さなことであれ、それを揺るがす場面が幾つも訪れます。最初の戦術を見直した方が良いのかと、あなたは少なからず迷うこともあるでしょう。

信じ続けることほど難しいことはないのです。しかし、これができれば、あなたの勝ちです。生きていようと、死んでいようと。

このような場面で、2つのパターンのうち、どちらがより大きな後悔でしょうか。一つは他人に裏切られてミッションが失敗すること。もう一つは、他人を信じきれず、ミッションを失敗すること。

多くの場合は、後者の方が圧倒に後悔が大きいと私は予測します。

そんな話。